モニター買うなら4K?それともフルハイビジョン?

デスクトップPCを購入するとモニターは購入必須になりますが、どんなモニターを買えばよいのかなるべく簡単な表現でまとめてみました。

スポンサーリンク




主流は4kモニター?

今やテレビも4kの時代となっておりますが、

モニターも4kがたくさん店舗に並んでいます。

4kと表記される意味は解像度が約4,000(3840)なので4kと呼ばれています。

お金で1000円の事を1kということもあります。

4kモニターを買うとすべての映像がきれいに映るというわけではありません。

例えばyoutubeの動画を再生する際に動画投稿者が4kで撮影をしていなければ

自分のモニターが4kでも4k効果を発揮することはできません。

YouTubeでは再生時右下の歯車のマークを押すと画質を選択できます。

どうしても4kにこだわるなら

やはり先のことを考えると4kのモニターを買っておく方がいいという方も多いと思います。

しかしこれだけは知っておいてほしいことがあります。

高性能なPCでないと動画はスムーズに再生されません。

そこで重要になってくるのがグラフィックボードです。

現在主流になっているのがGTX1050~GTX1080の商品になっています。

やはり高画質になるとパソコンの負担もかなりかかってきますので

それを快適に処理をしてくれるパーツが必要となってきます。

やはりフルハイビジョンが主流?

4kが出る前のフルハイビジョンのモニターもありますが、

今は価格が安くなってお買い得の商品がたくさんあります。

一時期32型のフルハイビジョン液晶モニターが2万円で販売していたのを目撃しました。

そしてほとんどの動画やゲームはフルハイビジョンが多いので

今でもこちらのモニターを購入することも全然問題ないと思います。

こちらのモニターでYouTubeの4k動画を再生することはできますが、

4k本来の高画質で再生されていませんので注意してください。

ゲーム重視のモニターは?

スポンサーリンク





PCゲームをするためにモニターもあります。

主に画面の書き換え速度が速いことや滑らかに画面が動くことを

重要視するモニターになります。

パラパラ漫画のように少しずつ細かく絵をかいて動きを見ると

滑かに動いて見えるようになります。

これと同じような事で画面のコマ数を増やすことで

滑らかに映像が動いて見えるようになります。

しかし4kのゲーミングモニターはかなり価格が高いです。

もしゲーム目的で買わないのであれば、

こちらのモニターは避けた方がいいと考えられます。

すでに8kも発表済

CMなどでよく4kテレビのCMをやっておりますが、

今現在地上波のテレビは4k対応ではないようです。

主にスカパーやBS、CSなどを見るためのテレビになっているような状況です。

最近では8kというさらに高画質対応のテレビが発表されたことで、

8kのモニターが発売される日が来ると予測されます。

4kでもまだまだ浸透していない為、今はフルハイビジョンを購入しても4kを購入しても

どちらも間違いではないと思います。

ただパソコンは対応しているがモニターは対応していないなど、

どちらかが欠けるのは非常にもったいないと思うので、よく考えて

必要な機能を選んで購入しましょう。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。