荒川房浩 顔画像は?神奈川県秦野市職員が酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕!?

神奈川県の泰野市職員である荒川房浩容疑者が酒気帯び運転の疑いで現行犯逮捕されました。容疑者の顔画像やfacebookなど調べました。

スポンサーリンク

事件の概要

 神奈川県警厚木署は9日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、同県秦野市南矢名、秦野市職員、荒川房浩容疑者(53)を現行犯逮捕した。署によると、荒川容疑者は秦野市職員の身分証を持っており、自身の役職は主査だと説明している。「朝に梅酒をロックでグラス1杯飲んだ」と話しているという。

逮捕容疑は9日午後1時5分ごろ、同県厚木市愛甲東2丁目の県道で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。愛甲東2丁目の交差点で、荒川容疑者の車と別の乗用車が衝突。呼気検査で荒川容疑者から基準値の3倍超のアルコールを検出した。けが人はいなかった。
                                     引用元;産経ニュース

朝にお酒を飲んでいたようなので日頃からお酒を好んでいたのではないでしょうか。

その状態で車を運転していたようなので飲酒運転の危険性知っていたとしても自分は大丈夫と思っていたのかもしれません。

容疑者のプロフィール

名前 荒川房浩

年齢 53歳

職業 秦野市職員

住所 神奈川県秦野市南矢名

スポンサーリンク

荒川房浩容疑者の顔画像やfacebookは?

顔画像は現在公開されておりませんのでわかり次第更新します。

facebookのアカウントを名前検索しましたが同名のアカウントが存在しませんでした。
facebookの名前検索はこちら

事件の場所は?

神奈川県厚木市愛甲東2丁目の県道なのでこのエリア内だと思われます。

事故の詳しい現場は公開されておりませんのでこちらもわかり次第更新します。

スポンサーリンク

主査とはどの立場?

荒川房浩容疑者の役職は主査だったようなのですが民間の役職ではどの立場か調査しました。

地方自治体によって異なる場合もあるようですが一般的には、

主事<主任<主査<主幹<主務

と、このようになっているようです。

民間で言えばおよそ係長クラスの役職だったようです。

1杯で基準値の約3倍!?

容疑者は飲んだお酒はグラス一杯の梅酒ロックだったようですが、事故当時には基準値の3倍超えのアルコールが検出されたようです。

飲んだ時間は朝ということで具体的な時間は公開されておりませんが、事故を起こした時間は午後1時頃なので、あまりにもお酒が残りすぎているのではないかと感じます。

梅酒ロックのアルコール度数が約8~15と高いと言われている為、基準値を大幅に超えていたとも考えられます。

見つかって気付くのは遅い!

つい最近も芸能人による飲酒運転の不祥事がありましたが、まだまだ飲酒運転は減っていないような気がします。

運転する人は大丈夫と思っているかもしれませんが、それが原因で関係ない人が被害に遭っています。

飲酒運転をする事で失うものは想像がつかないほどあるはずなので絶対にやめましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。