カプコンがコーエーテクモゲームスに9億8千万損害賠償を求めた!?内容と判決は・・・?

大手ゲームメーカーのカプコンがコーエーテクモゲームスに特許を侵害されたとして9億8千万損害賠償を求めたが、大阪地裁は517万の支払いを命じることとなりました。

スポンサーリンク




大きく問題となったのは2つのゲーム

まず一つはコーエーテクモゲームズの人気のゲームである「無双シリーズ」です。

こちらのゲームは「戦国無双」というゲームが発売されてから新たに「戦国無双猛将伝」というゲームが発売されます。

この後者のゲームは前者のゲームに追加要素でキャラクターを増やしたり、マップを追加してゲームのボリュームを上げることができます。

「戦国無双猛将伝」だけの単体のゲームでも遊べます。

この過去の作品に新しい作品を加えてボリュームを増やすという部分でカプコン側は特許の侵害と訴えているます。

この機能を持つゲームソフトは戦国無双シリーズだけではなく、他のゲームメーカーでも似たような機能を持つゲームは存在しています。

もう一つはホラーゲームの「零」というゲームです。

こちらのゲームは敵が近づいてきたときにコントローラーが振動を起こすという機能があります。

この機能に対して対してカプコン側は特許の侵害と訴えています。

最近のゲームはコントローラーが振動する機能がほとんどついていますので、判断の基準が難しいところではないでしょうか。

なぜ支払い命令517万まで下がったのか。

今回の裁判では「無双シリーズ」ヘの訴えは認められませんでした。

「零」というゲームの方は認められることとなり、予測ではこちらのゲームだけなのでここまで賠償額が下がったのではないでしょうか。

無双シリーズは多くのタイトルが発表されており、もしこちら側も認められていたとすればもっと多くの賠償金が出ていたと考えられます。

コーエーがカプコンを訴えたのではないの!?

スポンサーリンク





一部ネットでは訴えたのは逆じゃないのかという声が挙げられています。

なぜかというと、無双シリーズのゲームはコーエーテクモゲームスが先に発表しました。

実はこちらのゲームと似ているゲームを後にカプコンが発表しています。

それが「戦国BASARA」というタイトルのシリーズです。

両方のゲームをやったことのある人はわかると思います。

しかし、コーエーテクモゲームスはこちらのゲームに対して訴訟を起こしていない為、問題にはなっておりません。

これまで大量のゲームが世界中に販売されているので「これはパクリだ」といわれても、おかしくないようなものはたくさん存在します。

結果的にコーエーテクモゲームスは勝訴!?

訴訟は一部認められ、一部認められないとなっております。

損害賠償が9億8000万ではなく517万のという結果から、実質はコーエーテクモゲームスの勝訴ということになるでしょう。

また今回の裁判でこれから発売予定のゲームの延期や開発などの影響はないようなので、消費者側のリスクはないと考えられます。

カプコン、コーエーテクモゲームスともにたくさんの人気タイトルを発表しているので、この裁判で企業のイメージが落ちないように挽回してほしいと思います。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。