平尾龍磨受刑者がなぜ捕まらない!?現在の状況は?捜査が難航するわけは?

松山刑務所から平尾龍磨受刑者が逃走して約1週間が経過しましたが未だに発見されていない状況です。受刑者のプロフィールや現在の捜査状況をまとめてみました。

スポンサーリンク

現在の状況

 愛媛県今治市の松山刑務所大井造船作業場から受刑者の男が脱走してから、15日で1週間になる。

男の潜伏先とみられるのが、瀬戸内海に浮かぶ人口約2万3000人の向島(むかいしま)(広島県尾道市)。広島、愛媛両県警の捜索が行われる中、住民たちも自主警戒を続けており、不安と疲労の色を濃くしている。

逃走しているのは、窃盗罪などで服役し、2020年1月に刑期を終える予定だった平尾龍磨(たつま)受刑者(27)。8日夕に作業場から脱走。付近の住宅街で盗まれた車が、向島の尾道大橋近くの路上で見つかった。両県警などが最大1日約1200人を投入して島内を捜索しているが、向島の広さは甲子園球場500個分以上の約22平方キロ。島の多くを山林が占め、身を隠す場所も多い。
                                       引用元;読売新聞


出典;ANN

捜査は広島県尾道市の向島に絞られているようです。

こちらでは窃盗被害が相次いで起こっている為、この島内に潜伏している可能性が高いと思われます。

しかしなぜ1週間経過しても捕まらないのでしょうか。

スポンサーリンク

捜査人数が足りない?

警察は1200人体制で捜査を行っているようですが、島の大きさは甲子園球場の500個分以上という事です。

捜査人数と規模で考えるとまだまだ人手不足なのではないでしょうか。

平尾受刑者の逃げる隙はたくさんあると考えられます。

空き家が捜査を難航させる?

向島には数多くの空き家が存在しているようです。

 捜索を難しくしているのが、1000軒以上に上る空き家の存在だ。島外への人口流出で年々増え、尾道市の2015年の調査では1089軒確認された。
                                       引用元;読売新聞

どうやら空き家を捜査するには所有者や管理者の許可がいるようなので勝手に中に入ることができないのではないでしょうか。

これだけの数の空き家があるのであれば平尾容疑者が空き家を移動しながら逃走している可能性も高いのではないでしょうか。


出典;ANN

逃走経験あり?

平尾受刑者は2013年に逮捕される前、この島の山に1カ月間潜伏していたようです。

この山を知っているという事はある程度の地形や隠れる場所などには詳しいと思われます。

また窃盗罪で服役していたようなので、窃盗経験は多くあるようです。

物を盗むという事が普通の人ではできないことを平尾受刑者はできてしまうのではないでしょうか。

スポンサーリンク

最後に盗まれた物は?

現在最後に島の住人が盗まれたという物は13日に軒先に干していたポロシャツが無くなっているとの通報があったようです。

もし平尾受刑者がポロシャツを盗んでいたとすれば着ている可能性が高いと思われます。

衣類を集めて見た目をごまかそうとしているのかもしれません。


出典;JNN

受刑者のプロフィール


出典;JNN

名前 平尾龍磨(ひらお たつま)

年齢 27歳

身長 173センチ

脱走場所 松山刑務所大井造船作業場

ネットの声は?

長袖のポロシャツが一枚だけ?
下着も着替えたいと思いますが
男物ばかり狙う変態が別にいるとは思えない。
                                                                                                              引用元;yahoo news

昼間はどこかに、ねぐら作って潜んで、
食料や衣服を調達しに夜間、行動しているから、
昼間、大々的に捜索しても見つからないのだろう。
昼と夜の捜索員の数の割合を逆転させればいいと思う。
                                                                                                              引用元;yahoo news

住民の不安は脱走犯が捕まっても解決しない。
次の脱走はない、と確約できる体制は作れるんだろうか?
                                                                                                              引用元;yahoo news

俺も犯人と同い年で造船業だが、今子守をしてる間にも捜索に怯えながら窃盗を繰り返し逃げてる訳か…共通点はあっても人生それぞれだな。
                                                                                                              引用元;yahoo news

スポンサーリンク

未だに捜査は難航しているようですが平尾受刑者は今も試行錯誤して逃走を続けていると思われます。

一番不安なことは平尾容疑者が人に危害を加えることではないでしょうか。

現在窃盗の被害は出ていますが人に暴行を加えたりの被害は報告されておりません。

住民の不安解消のためにも一刻も早く解決してほしいと感じます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。