加藤仁の運転するトラックとオートバイが事故!?容疑者の顔画像やfacebookは?被害者は高校生!?

埼玉県でトラックとオートバイの事故が発生し、トラックを運転していた加藤仁容疑者が逮捕されました。オートバイを運転していたのは高校生だったそうです。事故の概要と容疑者の顔画像を調べました。

スポンサーリンク

事故の概要

3日夕方、埼玉県和光市でトラックとオートバイが衝突し、オートバイを運転していた高校3年生の少年が死亡しました。

3日午後5時半ごろ、和光市白子の交差点で直進するトラックと右折してきたオートバイが衝突しました。この事故で、オートバイを運転していた東京・練馬区に住む高校3年生の少年(18)が意識不明の状態で病院に運ばれましたが、その後、死亡が確認されました。

警察は、トラックを運転していた加藤仁容疑者(46)を過失運転傷害の疑いで現行犯逮捕しました。調べに対し、加藤容疑者は「信号を見落としてしまった」と容疑を認めているということで、警察は今後、容疑を過失運転致死の疑いに切り替えて調べる方針です。
                                                                                                                      引用元;JNN


出典;JNN

交差点での事故ということで容疑者は信号が赤の状態で直進してしまったようです。

青信号だったバイク側はそのまま右折しようとし加藤仁容疑者の運転するトラックと衝突したのでしょう。

運転していた高校生は東京都に住む高校生のようですが事故現場は埼玉県ということなので遠方の高校に通っていたのでしょうか。

もしくは2りんかんというバイクのお店に来ていたのかもしれません。

加藤仁容疑者の顔画像やfacebookは?


出典;JNN

顔画像は現在公開されておりませんでした。
facebookのアカウントは同名の名前が多く検索された為、特定できませんでした。
facebookの名前検索はこちら

名前 加藤 仁(かとう ひとし)

年齢 46歳

職業 不明

事故の現場は?

埼玉県和光市白子2りんかんのある交差点なのでこちらだと思われます。

事故の時間は午後5時半ということで交通量も多い時間帯の道路だと思われます。

見通しも悪くない交差点で信号もあるので事故は防ぐことができたはずです。

ネットの声は?

また無理な右折かなと思ったら 直進の信号無視かよ。人生これからの高校生 お気の毒でご家族の気持ちを思うとつらい。ご冥福をお祈りします。
                                                                                                         引用元;Yahoo news

見落としじゃなくて、止まる気なかっただけじゃないのか?トラックは止まりたくない病が多すぎる。
                                                                                                         引用元;Yahoo news

運転してたら分かるけど信号赤になってもまだいけると思ってるのか突っ込んでくる車すげー多い
信号だけで判断したら命がいくつあっても足りない
                                                                                                         引用元;Yahoo news

よく聞く右折4輪と直進2輪かと思った。
トラックとバイクがケンカしたら敵わないよ。
                                                                                                         引用元;Yahoo news

信号を見落とさない機能がいる?


出典;JNN

今回の事故は運転手の信号の見落としで起きた事故となり、高校生の命を奪う事件となってしまいました。

前方の信号を見落とさなければ事故は防ぐことができたと思われます。

車の事故は近年アクセルとブレーキを間違えての事故が数多く発生しております。

その為アクセルとブレーキを間違えない施策を車業界は研究していると思われます。

そうなると今回の事件のように信号を見落とさない為の施策なども研究されていくかもしれません。
(赤信号を感知してブレーキがかかるなど・・・)

しかし信号を守ることが当たり前ですので、これができればそのような機能は必要ないでしょう。
運転手も歩行者も1人1人がルールを守ることが大事だと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。