小倉泰裕 顔画像、facebookは?名古屋市緑区内で東尾張病院から逃走した容疑者の身柄を確保!

名古屋市守山区の東尾張病院で精神鑑定のため留置されていた小倉泰裕容疑者が病院から逃走しておりましたが身柄を確保されたようです。容疑者の顔画像やfacebookなども調べました。

スポンサーリンク

事件の概要

22日夜、名古屋市守山区の病院から逃走していた男が先ほど、名古屋市内で身柄を確保された。

身柄が確保されたのは名古屋市西区の会社員・小倉泰裕容疑者(57)。警察によると22日午後9時過ぎ、守山区の東尾張病院で病室から異常を知らせるアラームが鳴り、職員らが駆けつけたところ、窓が開いた状態で小倉容疑者が姿を消していた。

小倉容疑者は今年2月に元妻の家に放火した疑いで逮捕され、精神鑑定のため留置されていたという。警察は小倉容疑者の行方を捜していたが、先ほど名古屋市緑区内で小倉容疑者の身柄を確保したという。
                                                                                                                      引用元;NNN


出典;FNN

約1日の逃走の末早い段階で見つけられたようですが、病院から簡単に逃げることができる状況だったのでしょうか。

現在容疑者から何か被害を受けたような情報はないようです。

家電量販店のソファーに座っているところを捜査員が逮捕したようなので本人は警察に気が付いていなかったのかもしれません。

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

名前 小倉泰裕

年齢 57歳

職業 無職

住所 名古屋市西区

スポンサーリンク

小倉泰裕容疑者の顔画像やfacebookは?


出典;NNN


出典;FNN

容疑者の顔画像は報道で公開されておりました。

Facebookのアカウントを名前検索したところ本人と思われるアカウントが存在しましたが本人と断定できない為ここでの掲載は控えさせていただきます。
facebookの名前検索はこちら

事件の場所は?

逃走した病院は守山区の東尾張病院なのでこちらだと思われます。

身柄を確保された場所は名古屋市緑区鳴海町の店舗駐車場なのでこのエリア内だと思われます。

南の方に逃走していたようですが移動手段などはまだわかっていない状態です。

スポンサーリンク

逃走の理由は?

現在容疑者の逃走理由は明らかになっておりません。

容疑者は3月から3か月間鑑定留置中だったようなのでずっと病院で生活していたはずです。

自由は無かったはずなので病院から逃げ出したい気持ちはあったのではないでしょうか。

逃げることができそうなところを探して病院から脱出したのかもしれません。


出典;FNN

元嫁も緑区?

容疑者が確保されたのは緑区だったようですがこちらは元妻の住んでいる区域と同じ区域で発見されたようです。

もしかしたら容疑者は元嫁の場所へ向かっていたのかもしれません。

もし早期発見ができていなかったら元嫁と容疑者が顔を合わせることになっていたと思われます。


出典;FNN

ネットの声は?

今回は警察頑張ったね。逃がさないのが当たり前だけど。
愛知県民としては早期逮捕で良かったです。
                                                                                                              引用元;yahoo news

福岡、大阪、愛知、うーん、全国ベスト3だ。。
                                                                                                              引用元;yahoo news

捕まってよかった。
元妻の自宅が緑区で逮捕も緑区。
逮捕が遅れていたら最悪の事態になっていてもおかしくないと思うと恐ろしい。
                                                                                                              引用元;yahoo news

何をしていたのかな
                                                                                                              引用元;yahoo news

よかった。
まぁ行き先の特定は簡単だったろうけどね。
                                                                                                              引用元;yahoo news

スポンサーリンク

逃走から約24時間で容疑者を確保できたようなので早期発見だったと言えるのではないでしょうか。

数週間前にあった脱走事件では犯人確保まで相当な時間が掛かっておりましたが、今回は警察の対応が早かったのかもしれません。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。