パソコンの選び方がわからない場合これだけは知っておきたいこと。

現在パソコンの種類はたくさんありどれを買っていいのかわからないという人も多いと思われます。自分に合ったパソコンの選び方を簡単に紹介します。

スポンサーリンク




使用目的で選ぶ

何をするためにパソコンを購入するかというところが重要になってきます。

例えばネットサーフィンをしたり、YouTubeなどの動画を見たりすることが目的であれば

10万円もしないパソコンで十分満足できる機能がついています。

wordやExcelを必要とするのであればそのソフトの付いているもの

あるいは後から購入しインストールするということもできます。

なので家電量販店で購入しても問題は特にないでしょう。

しかし、動画編集、パソコンゲームを目的とされる場合は

性能が良いものをお勧めします。

ハイスペックパソコンは価格が高い?

動画編集やパソコンゲームは処理に時間がかかります。

性能の低いパソコンで無理やり動画編集やゲームをするとパソコンが固まったり

故障の原因にもなるので、作業に見合ったパソコンを購入することをお勧めします。

高性能パソコンはできることが増え、処理速度が速くなると同時に

価格も上がるということです。

とはいえ夏のボーナス時期や年末年始などの期間は

多くの量販店が安売りをすることがありますので

この期間はパソコンも買い時だと思います。

ハイスペックパソコンはどこに売っている?

最近CMでやっているmouseというサイトで購入が可能です。

他にもドスパラやパソコン工房、ソフマップなどにも多くの種類が販売されております。

インターネットでの注文をすれば店舗に行かなくても購入することができますが、

サイトを見るだけでは、専門用語や機能など細かく書いており、

自分に合った性能はどれくらいあった方がいいのかがわからない場合があります。

20万~30万くらいするパソコンを買ってもそれに合った機能を使うことがなければ

無駄に高い買い物をしてしまう場合があります。

ノートパソコンとデスクトップの違いは?

スポンサーリンク





こちらも悩むところですが、部屋のスペースをあまりとりたくない人や、

簡単に移動や持ち運びをする人はノートパソコンの方がいいと思われます。

配線も少ないので部屋がきれいに見えます。

そしてモニターを買わなくてもいいのでパソコン本体の価格で購入できます。

ただし、ゲームや動画編集用のノートパソコンは価格が高くなります。

またノートパソコンはパソコンのパーツを基本取り換えることができないので

性能を上げようと思うならまた新しいパソコンを購入するということになるでしょう。

どちらもメリット、デメリットがあるので、どちらがいいとは言い切れないです。

これだけは知っておきたい用語

よくパソコン価格の下に書いてあるスペックがあるのですが、

意味が分からないまま購入してしまうのは非常に危険なので

最低限これだけの意味は覚えておいた方がいいでしょう。

CPU・・・パソコンの頭脳と言われるほど大事な部分。
処理速度に関係してきます。
現在Corei3 Corei5 Corei7 Corei9 が主流となっています。
数字が大きいほど高性能と。

メモリー・・・最近では4GB,8GBが主流になってきています。
この数字が低いとパソコンの動作が遅くなったり、重たくなりやすいと言われています。

SSDまたはHDD・・・パソコンの記憶装置。
SSDはHDDより高速かつ無音の為
ストレスを感じることが少ないです。
SSDの方が電源を入れた時のパソコンの立ち上がりがとても速いです。

この3点は基本スペックのようなものなのでほぼ書いてあると思います。

これを知っているだけでも最低限の性能がわかると思います。

この中でもさらにいろいろな種類の物やメーカーがあるので細かい説明は

省略させていただきます。

すべて最高性能を買っておけば大丈夫?

どうせ買うなら最新の性能を持っているパソコンがいいという方も

いるのではないかと思いますが、

そうなってくると価格が50万~80万くらいするようなパソコンになってしまいます。

ここまでお金を払って最新機能にしたとしても

その機能を必要とする人は購入すると思いますが、

ここまでお金を出して購入する人はほとんどないと思います。

またパソコンは新型のパーツが出ると旧型の物は価格が下がります。

5年前まで最新だったものが今では低スペックになっていることもあります。

なので購入するときは今自分の必要な機能を理解して購入しましょう。


スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。