あまり話題がないけどPS4って売れてる?

2013年11月15日にPS4が発売されてから約4年が経ちましたが、話題があまりない状態と感じられます。実際の人気や売り上げはどうなっているのでしょうか。

スポンサーリンク




実は売れしている!?

テレビのニュースなどでは任天堂SWITCHの話題が多く挙げられていますが、

PS4の売り上げは悪くないという結果です。

むしろかなり売れています。

  1. ソニー:PlayStation 2(1億5500万台)
  2. 任天堂:ニンテンドーDS(1億5402万台)
  3. 任天堂:ゲームボーイ/ゲームボーイカラー(1億1869万台)
  4. ソニー:PlayStation(1億249万台)
  5. 任天堂:Wii(1億163万台)
  6. マイクロソフト:Xbox 360(8400万台)
  7. ソニー:PlayStation 3(8380万台)
  8. ソニー:PlayStation Portable(8200万台)
  9. 任天堂:ゲームボーイアドバンス(8151万台)
  10. 任天堂:ニンテンドー3DS(6708万台)
  11. ソニー:PlayStation 4(6330万台)
  12. 任天堂:ファミリーコンピュータ(6191万台)
  13. 任天堂:スーパーファミコン(4910万台)
  14. セガ:メガドライブ(3900万台)
  15. 任天堂:NINTENDO64(3293万台)
  16. アタリ:Atari 2600(3000万台)
  17. マイクロソフト:Xbox One(2600万台)
  18. マイクロソフト:Xbox(2400万台)
  19. 任天堂:ニンテンドーゲームキューブ(2174万台)
  20. 任天堂:Wii U(1356万台)

引用元wikipedia

このランキングで見ると11位になっております。

多くの家庭にあったのではないかと思われている

スーパーファミコンの販売数をすでに超えています。

ということは現在のPS4は多くの家庭が購入しているのでしょうか?

日本でPS4を持っている人はそこまで多くない

ここまで売り上げがあるのですが実は、

昔のゲーム機本体ほど日本にPS4は普及していない状況です。

ではどこで売れているのか?

それは世界で売れているということです。

海外で売れる理由は、日本の流行るゲームと海外で流行るゲームが

同じではないということが考えられます。

海外ではFPSが人気!?

スポンサーリンク




FPSとは、難しい言葉を使わないで説明すると、

自分がゲームのキャラクターの視点で操作し、

主に銃や手榴弾を使って相手を倒す(戦争している感じ?)のゲームです。

このようなゲームが海外では人気があります。

なのでPS4のゲームはFPSのソフトが数多く販売されております。

しかし、日本ではこの種類のソフトがものすごく人気が出るわけではありません。

最近日本で人気があったソフトはドラゴンクエストⅩでした。

こちらは多くの日本人に注目が集まり、ドラゴンクエストがやりたいから

PS4を買ったという人もいると思われます。

海外ではスプラトゥーンは人気が伸びない

こちらは任天堂SWITCHのソフトになりますが、FPSに近いゲームだと思われます。

日本では爆発的な人気ですが、海外での人気は高く無い状況です。

似てるようでもここまで差が出る理由は

ゲームのリアル感ではないかと考えられます。

PS4のゲームは映像も人間の顔も動きも銃声もかなりリアルで

まるで戦場で戦っているかのような感じになります。

スプラトゥーンは現実世界のようなリアル感はなく、

キャラクターの特殊な動きになります。

ここでの差が日本と海外の人気が出る違いではないでしょうか。

PS4でやりたいソフトが少ない?


日本ではスマホゲームや携帯ゲーム機が人気ということもあり、

PS4は海外向けのソフトが多く発売されているのではないでしょうか。

やはり海外で売れるのであればそちらの方で人気の出るゲームを作ることは

当たり前のように思います。

しかし2018年は、かなり注目されている

「モンスターハンター」「キングダムハーツ」

の発売が予定されています。

ドラゴンクエスト以来の話題作が発売予定されるので

日本でのPS4の話題も再び訪れるのではないでしょうか。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。