ついに楽天が携帯キャリア事業へ参入!?予測されることは!?

2017年12月14日楽天は新規に会社を設立して携帯キャリア会社に参入するということを正式発表しました。

スポンサーリンク




現在楽天モバイルがあるが・・・


楽天モバイルは2014年からサービスを開始いていますがこちらはNTTドコモの回線を回線を借りることによってサービスを提供しています。

なので電話の繋がりやすさや電波の届く範囲などはNTTドコモと同じということです。

借りているということは楽天側が接続料を払わなくてはなりません。

その為、楽天側は利益をすべて自社の物にすることはできない状態ということになります。

なので楽天は利益率が大きく上がらないということです。

肝心の電波は大丈夫!?

自社回線を持つということは電波を飛ばす基地局を立てなければなりません。

これがたくさんあるからこそ現在私たちは多くの場所で電話やインターネットをスマホで利用できます。

楽天は2025年までに6000億円を投資して、全国に携帯電話の基局地を広めていく方針と発表しました。

やはりサービス開始時は一部地域のみでしか使えないのではないかという声や6000億円では足りないという声も上がっております。

どこでも通話やインターネットが使えないと携帯を持っている人はかなりのストレスを感じます。

顧客を多く増やすためにはまずこの問題を解決しなければいけないでしょう。

現在の楽天モバイル並みの価格や通信料を維持できるか?

現在の3社はほぼ独占状態にあり、他の企業が参入することは非常に難しいということで新しい企業は参入することを回避してきました。

ここで楽天が参入するということで、楽天モバイルと同じような価格帯、あるいはもっと安くしてほしいという思いがあるでしょう。

楽天側は

「現在のMNO市場を競争的にすることで、その効率 性を高め、より低廉で利用し易い携帯電話の料金を実現し、消費者を含めた社会全体の 便益の最大化を目指します。」
引用元;楽天株式会社

という将来のビジョンを語っております。

現段階では利益を出すためには格安といわれる価格でサービスを提供することは非常に困難だと考えられますが、楽天にはこれを実現させる秘策があるのではないでしょうか。

大手の3社はどう動く?

NTTドコモ、AU、ソフトバンクが現在日本で自社回線を持っている大手3社となりますが、ここに楽天が加わることになり大手4社になるということとなります。

楽天側が今までにないサービスを提供することになるとユーザーは既存の3社から楽天へのキャリア移動も起こることは考えられます。

携帯キャリア事業大手3社は、顧客離れをさせない為にあらゆるサービスを提供するでしょう。

2018年は携帯キャリア事業に大きな変化が予測されるでしょう。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。