田中五雄 顔画像は?息子である義文さんの首を絞めた父親を逮捕!?

兵庫県加西市で父親が息子の首をタオルで絞め殺害しようとした疑いで田中五雄容疑者が逮捕されました。親が息子を殺める原因は何だったのでしょうか。顔画像やFACEBOOKなども調べました。

スポンサーリンク

事件の概要

5日未明、兵庫県加西市で76歳の父親が48歳の息子の首をタオルで絞めて殺害しようしたとして逮捕されました。息子はその後死亡しました。

殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されたのは加西市の無職・田中五雄容疑者(76)です。午前2時20分ごろ、自宅1階の寝室で息子で無職の義文さん(48)の首をフェイスタオルで絞めて殺害しようとした疑いがもたれています。警察によりますと、田中容疑者は自ら「息子を殺してしまいました」と110番通報し、警察官が駆けつけたところ、義文さんがベッドで仰向けになってぐったりしていたということです。

義文さんは午後4時すぎに病院で死亡が確認されました。警察は容疑を殺人に切り替え動機について慎重に調べています。
                                         引用元;MBS


出典;MBS

田中五雄容疑者は自ら警察に通報しておりますのであらかじめ殺害した後に自首するつもりでいたと思われます。

五雄容疑者の妻は事件の起こった時、別の部屋にいたようで事が起こってしまってから気が付いたようです。

容疑者は76歳で定年は過ぎている為無職、義文さんは48歳で無職ということに何かしらの原因があったのかもしれません。

田中五雄容疑者の顔画像やfacebookは?


出典;MBS

現在容疑者の顔画像は公開されておりませんのでわかり次第更新します。

Facebookのアカウントを名前検索しましたが同名の方が複数検索され特定することはできませんでした。
facebookの名前検索はこちら

名前 田中五雄(たなか いつお)

年齢 76歳

職業 無職

事件の場所は?

兵庫県加西市西笠原町に自宅があるようなのでこちらのエリア内だと思われます。

家の外観は報道で公開されておりました。


出典;MBS


出典;MBS

原因は無職か?

家族構成は3人暮らしで五雄さんの妻も一緒に住んでいたようです。

もしかしたら息子がはたらいていなかったことが原因ではないでしょうか。

五雄容疑者は76歳なので年金をもらっていると思われます。

しかし年金もしくは退職金だけで3人で暮らすことは非常に困難だったのかもしれません。

義文さんも以前は働いていたのかもしれませんが無職の状態が長く続いていたと考えられます。

スポンサーリンク

家庭もうまくいっていなかった?

もし原因が息子が無職という事ならば家庭での口論や問題などが起こっていたと思われます。

五雄容疑者が息子に働くようにずっと言い続けていたが、なかなか行動をしてもらえなかったのかもしれません。

容疑者のストレスや不安などが積み重なってこのような犯行を起こしてしまったのではないでしょうか。


出典;MBS

ネットの声は?

反対かと思った。中年息子は無職?引きこもり?DV?あまりに毎日家族間殺人ニュースが多過ぎ。
                                                                                                             引用元;yahoo news

命の重さが軽くなってきている
                                                                                                             引用元;yahoo news

何も無いのにこんなことにはならないだろう。
                                                                                                             引用元;yahoo news

最近親子での殺人や殺人未遂多くない?
                                                                                                             引用元;yahoo news

ネットの声にもありましたが家族間での殺害や暴行などのニュースが本当に多くなっていると思われます。

親が子供を殺めるだけでなく子供が親を殺めるという2つの事件が全国で多発しているのではないでしょうか。

一番やってはいけない殺めるという選択肢を選ばない行動を考えなければならないでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。