塚本貴裕 顔画像、LINEの内容は?元カノにストーカー容疑で愛知県警巡査を逮捕!?

元交際相手の女性をストーカー行為をした疑いで愛知県の警察官である塚本貴裕容疑者が逮捕されたようです。ストーカー行為の内容や顔画像などを調査しました。

スポンサーリンク

事件の概要

 逮捕容疑は今月7日夜と8日午前に無料通信アプリ「LINE(ライン)」で、「逢(あ)わないなら家の前で待つから」「捕まろうが死のうがええよ」などと女性にメッセージを送り、14日夜には知人を通じて女性を誘い出し「もう1度、友達でいいから関係を続けてほしい」と求めたとしている。

県警によると、塚本容疑者と女性は今年7月ごろに知り合って8月上旬から交際し、今月6日に別れていた。
                                       引用元;毎日新聞

容疑者はどうしてももとに戻りたかったと必死だったように思われます。

それが必要以上にエスカレートしてストーカー行為となってしまったのではないでしょうか。

スポンサーリンク

容疑者のプロフィール

名前 塚本貴裕

年齢 23歳

職業 警察官(愛知県警中村署地域課巡査)

住所 名古屋市西区城西2

交際期間 8月上旬~11月6日

塚本貴裕容疑者の顔画像やfacebookは?

顔画像は現在公開されておりませんのでわかり次第更新します。

facebookのアカウントを名前検索しましたが、同名の方が数多く検索された為特定することができませんでした。
facebookの名前検索はこちら

LINEで復縁を求めた!?

公開されているLINEの内容は、

「逢わないなら家の前で待つから」
「捕まろうが死のうがええよ」

このメッセージを受け取った女性は恐怖を感じ警察に相談をしたのではないかと思われます。

おそらく容疑者は元カノを困らせている自覚は無かったのではないでしょうか。

公開されている内容は少ないですが、これ以上に連絡を送っていた可能性は高いと考えられます。

スポンサーリンク

文章で警告!さらに上司からも!?

塚本貴裕容疑者は8日、県警からストーカー規制法に基づき警告を告げられていたそうです。

また、上司からは

今後、女性に連絡した場合は逮捕される
                                       引用元;毎日新聞

と指導されていたようです。

ここまでの警告を受けていたのですが、14日に知人を通じて女性を誘い出したようです。

ネットの声は?

「女一人」と「現在の自分の立場」を天秤にかけて考えられなかったのですかね。この場合は誰がどう考えてみても「現在の自分の立場」の方が重いでしょう。
                                                                                                            引用元;yahoo news

まあ、警察官である前にただの人間だったって事だね。
本当の警察官は、人間である前に自分が警察官だと思っているから。
それだけにストレスは異常なほど過剰だけどね。
そのストレスに負けた警察官は潰れるしかないのがさみしいけど、自ら選んだ道だから仕方無いのかな。
                                                                                                             引用元;yahoo news

最近こういう事件が多いね。相手の立場に立って物事を考えられる人が少なくなったと思う。
それは親が子供の頃から我慢することを、きちんと教育せず、ワガママに甘やかして育ててきたことが原因だと思う。
                                                                                                             引用元;yahoo news

最近、自転車の女子高生を押し倒したり、警察官の不祥事が多い。動物は春に発情するけど、警察官は秋が発情期なんですかね〜。
真面目に仕事して、常識があって、優しさと思いやりがあり、同棲したら家事も人並みにできる男性なら、しつこく復縁をせまらなくても、女性が放っておかないと思います。
                                                                                                             引用元;yahoo news

スポンサーリンク

容疑者は今回のストーカー行為について容疑を認めているようです。

上司や警察官からすれば自分の部下に警告や逮捕などの言葉を掛けたくなかったはずです。

塚本容疑者はそこが本当の最終警告だったと気が付けなかった事がとても残念だったと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。